酵素の歴史・活用法・機能・作用のホームページ

酵素の歴史



わたくしがとあるブログにて以前これについて書きましたが、一つだけ言います。酵素によるダイエットはありません。確かに酵素によって腸の働きを活発にし、快調な便を促すことは可能です。しかし、その程度のことで身体が著しく効果を見せるということは絶対にないのです。まず酵素とはたんぱく質を基に構成され、物質との化学反応を起こす分子のことです。ご存知だと思いますが、でんぷんをブドウ糖に変化させる時に唾液アミラーゼを聞いたことが有るはずです。そして、このアミラーゼが人類で初めて発見された酵素になります。酵素の歴史はとても古く、また未だに研究されている分野の一つです。ですので、私自身多くは語れませんがダイエットで結果をだしたいなら、脂肪を燃焼させ、ひたすら体を動かすことをお勧めします。

■酵素は生食にしか含まれていない

もともと体内にも存在する酵素は、身体の生命活動である代謝にかかわる重要な成分です。年齢とともに減っていき、不規則な生活や胃腸に負担のかかる食事内容でも減っていき、代謝活動が鈍りさまざまな体調不良の原因となります。食べ物から摂取することで体内の酵素の減少を抑えることができます。しかし生食にしか含まれていないので、果物、生野菜、刺身などを意識的に摂取することが大切です。流行の酵素ドリンクのほとんどは飲料に製造する過程で加熱処理がされていて生食の状態ではありません。しかし発酵熟成されたドリンクはすでに消化された状態であるので、胃腸で消化酵素を使う必要がなく結果的に体内酵素の減少を抑えることができるのです。

サイトTOPへ

 

サイトマップ